[ナイスな情報]

-- MENU --

暮らしを楽しむ情報集TOP

<食・料理>

牡蠣の料理簡単レシピ
松居一代の圧力鍋
食品衛生管理者 資格取得

<マネー・費用>

墓石の値段価格や種類
離婚慰謝料の相場
一人暮らしの費用
引越の相場
法事の金額
遺産相続 遺留分
お見舞金額
コンタクトレンズの値段
農協マイカーローン
ソフトバンクの株主優待

<暮らしの知識>

面接のマナーや服装
婚姻届の書き方出し方
ゴルフクラブのレンタル
焼香の仕方や作法
法事のマナー
法事の案内状
排水溝のつまり
お盆のお供え
冷蔵庫が故障
ぬいぐるみの洗濯

<興味深い話題>

手相 結婚線
風水でカーテン選び
roxyアウトレット
緑茶の効能効果
北京オリンピック スケジュール日程

<もの・物・MONO>

秋冬スカート
グッチ財布男性用
敬老の日プレゼント
アロマ虫よけスプレー
アクオスのパソコン機能
PORTERリュック
マスプロ 地デジチューナー
マークジェイコブスのエコバック
家庭用シュレッダー
レンタル浄水器

<アラカルト>

kat-tun コンサートチケット
嵐のコンサートチケット
甲子園 優勝予想
夏休みは工場見学で決まり
家庭用プール 子供用プール
Z400FXのレストア
パンドルショーツは高樹沙耶さんも愛用
ポニョぬいぐるみ
太陽光発電の価格
ボヘミアンロングスカート
フォカッチャの作り方
簡単ベランダ菜園
祝儀袋 表書きなどのマナー集
LINEスタンプ 使ってね

お盆のお供えや風習にはどんなものがあるでしょう

お盆のお供えについて考えてみましょう。お盆といってもその時期は地方によって違ってきます。大きく分けると「七月のお盆」「八月のお盆」「旧暦のお盆」の3つになります。
「7月の盆」は新暦の7月15日頃で、この時期にお墓参りやお供えなどでお盆を行う地域は東北地方や東京・横浜です。
「8月の盆」は新暦の8月15日頃に、北海道・新潟・長野・関東南部そして関西地方などで行われています。このころにお墓参りやお供えをするお盆、「8月の盆」が全国的に一番多く行われているお盆です。ですからこの期間中に、全国的に都市から地方への帰省ラッシュが起きるわけです。
反対にお盆の間は、都市には人が少なくなるので、東京や大阪といった大都市に地方から遊びに出かけていく人も多くいます。ただ、お盆期間中は都市の飲食店も休みになっていることが多いという不便な点もありますね。
「旧暦の盆」は旧暦の7月15日頃を中心に関東北部・中国地方・四国・九州・沖縄南西諸島などでお墓参りやお盆のお供えなどが行われています。
この3つのお盆の期間は、それぞれ始めと終わりの日にちが違っていても、15日がお盆の中心になっています。
地方によってお盆の期間に違いがある理由は諸説があってはっきりしていません。いずれにしろお盆の期間が決まっていれば、その地方では親戚縁者が休みを取って一堂に会しお墓参りやお盆のお供えをすることができるというわけです。

関連情報>>お盆 お供え



気になる商品情報を検索してみよう!
※商品一発キャッチャー:見つかるZOU 検索窓

お盆のお供え。きゅうりの馬となすの牛でご先祖様を迎えます

お盆のお供えには、西瓜・胡瓜・夕顔・梨・桃・柿・胡桃など季節の作物やそうめん・うどんなどを供える風習があります。お盆のお供えには、地方による違いはあまりありません。地域によってはお盆のお供えとして栗・蓮の葉・ほおずき・みそはぎなどを備えることもあります。
お盆のお供えでご先祖様を迎えるために作られるのが、きゅうりの馬となすの牛です。由来はいくつかありますが、ご先祖様がこの世に来るときにはきゅうりの馬に乗って急いでおいでになり、帰りはなすの牛に乗ってゆっくりお帰りになるという説とお盆が終わりご先祖様がお帰りになるとき、自分はきゅうりの馬に乗り、荷物はなすの牛に載せて帰っていくという説が有名です。ワラで馬と牛を作る地方もありますし、馬と牛を作らない地方もあります。
お盆が始まる盆の入りには、13日の午前中には精霊棚や仏壇にお飾りやお盆のお供えを済ませます。それから13日の夕方に縁側の軒先や精霊棚につるした盆提灯に灯をともします。
盆提灯は鎌倉時代からある風習で、ご先祖様の霊が戻ってくるための目印になります。ご先祖様が戻ってきた後は、その家にご先祖様の霊が戻ってきているというあかしになります。
玄関先では迎え火を炊きます。素焼きの皿にオガラを折り重ね、燃やしのが迎え火です。オガラとは皮をはいだ麻の茎のことです。迎え火の煙に乗ってご先祖様の霊が戻ってくるのを迎えます。

盆明けには送り火をたいてご先祖様を彼岸の国に送ります

精霊棚は、ご御先祖様たちの位牌を並べその前に、お盆のお供えをする棚のことです。精霊棚は、台の上にまこもで編んだゴザを敷いて作り、棚の奥にご先祖様たちの位牌を並べ、位牌の前にきゅうりの馬となすの牛、西瓜・胡瓜・夕顔・梨・桃・柿・胡桃など季節の作物やそうめん・うどんなどのお盆のお供えを供えます。
お盆の期間が終わる盆明けには送り火を炊きます。15日か16日の夕方に、迎え火をした場所で、オガラを燃やしご先祖様たちを彼岸の国に送ります。
迎え火や送り火の習慣は、江戸時代に一般的になったと言われていますが、迎え火や送り火の習慣が無い地域も有ります。
精霊棚に飾った物やお盆のお供えは盆舟という、木やわらで作った舟に乗せ、灯りをともし川や海に流していました。これをが精霊流しと言いますが、今ではごく一部の地域でしか行われていません。
お盆というと休みのことばかり考えがちですが、ふるさとに帰省したらどんなものがお供えしてあるか、その地方にはどんなお盆の風習があるか、見直してみてください。