[ナイスな情報]

-- MENU --

暮らしを楽しむ情報集TOP

<食・料理>

牡蠣の料理簡単レシピ
松居一代の圧力鍋
食品衛生管理者 資格取得

<マネー・費用>

墓石の値段価格や種類
離婚慰謝料の相場
一人暮らしの費用
引越の相場
法事の金額
遺産相続 遺留分
お見舞金額
コンタクトレンズの値段
農協マイカーローン
ソフトバンクの株主優待

<暮らしの知識>

面接のマナーや服装
婚姻届の書き方出し方
ゴルフクラブのレンタル
焼香の仕方や作法
法事のマナー
法事の案内状
排水溝のつまり
お盆のお供え
冷蔵庫が故障
ぬいぐるみの洗濯

<興味深い話題>

手相 結婚線
風水でカーテン選び
roxyアウトレット
緑茶の効能効果
北京オリンピック スケジュール日程

<もの・物・MONO>

秋冬スカート
グッチ財布男性用
敬老の日プレゼント
アロマ虫よけスプレー
アクオスのパソコン機能
PORTERリュック
マスプロ 地デジチューナー
マークジェイコブスのエコバック
家庭用シュレッダー
レンタル浄水器

<アラカルト>

kat-tun コンサートチケット
嵐のコンサートチケット
甲子園 優勝予想
夏休みは工場見学で決まり
家庭用プール 子供用プール
Z400FXのレストア
パンドルショーツは高樹沙耶さんも愛用
ポニョぬいぐるみ
太陽光発電の価格
ボヘミアンロングスカート
フォカッチャの作り方
簡単ベランダ菜園
祝儀袋 表書きなどのマナー集

法事のマナーを知って、社会人として失礼のないようにしましょう

法事のマナーは、通夜・葬儀と状況によっておおよそ大差はありませんが、葬儀や法事に参列する時の服装や香典のマナー、特に通夜参列時のマナーについては注意が必要です。これを機会に法事のマナーを社会人としての常識としてしっかり身につけ、先方や同席の方々に失礼のないようにしましょう。
まず葬儀や法事の服装についてのマナーですが、男性はブラックスーツに白のYシャツ、ネクタイや靴などは黒にするのが基本マナーです。女性は黒系のワンピースやスーツが一般的で、和装なら黒無地の五つ紋を着用するのが法事のマナーです。しかし気をつけなければならないのは女性の場合、前述の通り洋服から靴まで黒を基調にすることが法事のマナーですが、黒だからすべてOKとはいきません。極端に衿の開いたものやシースルーな素材のもの、飾りが派手なものは避ける必要があります。また、白と黒の取り合わせにも注意しましょう。エナメル製の靴やゴールド系の光沢や派手さが目立つアクセサリーも葬儀や法事の席にはマナーとして好ましくありません。そのほか、香りの強い香水、カラフルなハンカチなども避けるべきです。大切なのは、シックな装いを心がけ、目立つ装いは避けることが法事のマナーです。


仏教と仏事のすべて 知識、しきたり、マナーまでこの一冊で丸わかり

仏教と仏事のすべて 知識、しきたり、マナーまでこの一冊で丸わかり


関連情報>>法事 服



気になる商品情報を検索してみよう!
※商品一発キャッチャー:見つかるZOU 検索窓

弔事では「生ぐさもの」を意味する「のし」のない袋で香典を渡すのが法事のマナーです

香典については、半紙でくるんだ紙幣を奉書紙で包んで、白黒の水引を掛けた香典袋が正式なものですが、現在では市販の香典袋を使うのが一般的です。また、弔事では「生ぐさもの」を意味する「のし」はつけないのが法事のマナーです。仏式の「御霊前」袋は文具店や駅の売店でも売っていますが、金額によってはふさわしい重厚なものや、神式、キリスト教式用の香典袋は専門店や大型の文具店でしか入手できないので、注意が必要です。よくわからずにコンビニなどで適当に買って、祝儀袋と不祝儀袋をまちがえようなことがないにしましょう。また、表書きの下段に書く氏名は、必ずフルネームで記入するのがマナーです。何故なら、姓名だけだと喪家が香典返しのお礼や法要のお知らせを送る際に混乱してしまうためです。連名の場合も同様に、下段の左右中央にくるように記入します。
通夜における法事のマナーについてですが、参列時には以下のような心得が必要です。また、通夜時において指名焼香以外の一般の弔問客は、先着順の焼香が慣例となっているので、席次はあまり気にする必要はありません。まず気をつけなければならない法事のマナーは、携帯電話の電源を必ず切っておくことです。また、式場で仕事の話などをする人がいますが、私語は慎み、読経中に中座したりしないようにするのも法事のマナーです。


不祝儀袋 仏袋 仏金封 仏多当  御霊前金封総銀十本 【本折タイプ】  15枚入り

不祝儀袋 仏袋 仏金封 仏多当  御霊前金封総銀十本 【本折タイプ】  15枚入り


●関連情報>>数珠

通夜振舞の席での料理はひと口でもいただくのが法事のマナー

焼香時のマナーですが、着席の際に自分の番がきたら隣の方に軽く一礼し、焼香の前に僧侶と遺族に一礼します。それから、通夜振舞の席で長居は避けるべきですが、料理は故人を偲んで、ひと口でもいただくのが法事のマナーです。また、喪主や代理人のあいさつを受けた場合は、その場に応じて「このたびはご愁傷様でした。ご冥福をお祈りいたします」といった程度のあいさつができるようにしておきましょう。この場合、長々としたあいさつを交わすのは他の参席者のことも考えて簡単に終えるのが法事のマナーです。
また、案内が届いたときのマナーですが、少なくとも法事の一週間前には出欠の返事が届くようにしましょう。法事に参列できない場合は、法事の当日に間に合うように、供物料を不祝儀袋に入れ、お詫びの手紙を同封して現金書留で送るか、その前に焼香に伺うのが法事のマナーです。出席する場合は、お供えや香料などを持参しますが、仏式の宗派によっては塔婆料とすることもあります。金額は香典の半額ぐらいが相場です。ただし、法事ののちに宴席が設けられている場合は、それに見合うくらいの額を包みます。なお、供物料は、仏壇や祭壇にはお供えせず、遺族に直接渡すのがマナーです。


■ちりめん 刺繍 金封ふくさ■日本製*香典袋付*簡単

■ちりめん 刺繍 金封ふくさ■日本製*香典袋付*簡単


●関連情報>>香典 お返し