[ナイスな情報]

-- MENU --

暮らしを楽しむ情報集TOP

<食・料理>

牡蠣の料理簡単レシピ
松居一代の圧力鍋
食品衛生管理者 資格取得

<マネー・費用>

墓石の値段価格や種類
離婚慰謝料の相場
一人暮らしの費用
引越の相場
法事の金額
遺産相続 遺留分
お見舞金額
コンタクトレンズの値段
農協マイカーローン
ソフトバンクの株主優待

<暮らしの知識>

面接のマナーや服装
婚姻届の書き方出し方
ゴルフクラブのレンタル
焼香の仕方や作法
法事のマナー
法事の案内状
排水溝のつまり
お盆のお供え
冷蔵庫が故障
ぬいぐるみの洗濯

<興味深い話題>

手相 結婚線
風水でカーテン選び
roxyアウトレット
緑茶の効能効果
北京オリンピック スケジュール日程

<もの・物・MONO>

秋冬スカート
グッチ財布男性用
敬老の日プレゼント
アロマ虫よけスプレー
アクオスのパソコン機能
PORTERリュック
マスプロ 地デジチューナー
マークジェイコブスのエコバック
家庭用シュレッダー
レンタル浄水器

<アラカルト>

kat-tun コンサートチケット
嵐のコンサートチケット
甲子園 優勝予想
夏休みは工場見学で決まり
家庭用プール 子供用プール
Z400FXのレストア
パンドルショーツは高樹沙耶さんも愛用
ポニョぬいぐるみ
太陽光発電の価格
ボヘミアンロングスカート
フォカッチャの作り方
簡単ベランダ菜園
祝儀袋 表書きなどのマナー集

法事の案内状を送る時、届いた時のこころがまえ。

法事の案内状を作成する前に、法事の準備と案内についてもう一度確認しておく必要があります。法事は、故人をしのび、供養するために行う儀式です。来て頂く方に失礼のないよう、きちんとした法事の案内状を送りましょう。また、法事の案内状が届いた時にも、相手方に失礼のないようにしなければなりません。
法事を営むためには、まず主催者である施主を決めなければなりません。法事の案内状には施主の氏名を記載します。施主は、故人と最もゆかりの深い人で、一般的には葬儀の際に喪主を務めた人がなります。四十九日や百か日などの追悼法要はあたり日に行いますが、一周忌や七回忌などの年忌法要は参列者の都合を考え、故人の祥月命日に行わず日曜や祝日などの休日に行うことも可能です。また忌明けの法事も、休日を選んで行うことも可能ですが、そのような場合は命日を過ぎないように注意しましょう。日取りを決めたら、すぐに菩提寺の僧侶に連絡をします。出来れば、あいさつを兼ねてお寺に出向いた方がいいです。また、法事後には墓参りをするので、お墓の掃除をしておくことも必要です。


■選べる3柄■【フォーマルタイ】使えるアイテム 【法事用】ネクタイ日本製・シルク

■選べる3柄■【フォーマルタイ】使えるアイテム 【法事用】ネクタイ日本製・シルク


関連情報>>法事 花



気になる商品情報を検索してみよう!
※商品一発キャッチャー:見つかるZOU 検索窓

四十九日と一周忌には友人・知人、仕事関係者などに法事の案内状を。三回忌以降は近親者のみで。

四十九日と一周忌には一般的に、近親者や友人・知人、仕事関係者などに法事の案内状を送ります。三回忌以降は、ごく親しい人だけを招いての法要を開きます。そのときに内輪で営む場合には近親者ですから、特に法事の案内状を送る必要はなく、電話連絡だけでかまいません。ただし、友人や知人、仕事関係者などを招く場合には、出欠の返信用はがきを同封した法事の案内状を送ります。法事の案内状は、法事の日の2週間前には発送し、出欠を確認する必要があります。
法事の案内状には、最初に「だれの何回忌か」を明記します。それから、日時・場所を法事の案内状に明記します。また案内文には、服装は略式でお願いする旨をつけ加えます。法事の案内状を送った後は出欠の返信を確認し、法事後の会食の席で参列者をもてなすための料理を人数分注文することになります。一般的には仕出し屋に法事向けの会席料理を注文し、自宅あるいは法要を行う寺院の一室を借りて用意しますが、郊外の霊園など、離れた場所にお墓がある場合は、お墓参りのすぐあとに会食の席に移ることができるように、墓地の近くにある料亭などで行うのも、参席者の方々の都合などを考えると1つの良い方法です。


子供用黒ネクタイ(ファスナータイプ)無地【KIDS】novia07 お葬式【n25】

子供用黒ネクタイ(ファスナータイプ)無地【KIDS】novia07 お葬式【n25】


●関連情報>>ブラック フォーマル

法事の案内状は一週間前には出欠の返信を。香典には宴席費用を考えて用意。

法事を自宅で行うときは、法事の案内状には自宅の住所を明記します。派手な飾りや祝い物を外し、できれば二間続きの部屋を用意します。仏壇の前には白布をかけた2段程度の祭壇を用意し、上段には遺影と位牌、下段には供物をお供えします。それから、経机か小机を置き、焼香代にし、中央に香炉、その右に抹香を入れた香盒を置きます。ただ、宗派によって異なることもあるので、お寺に相談して用意しましょう。なお、自宅で法要を行う場合は、前日までに座布団や茶器、灰皿、不祝儀用の和菓子などを準備しておく必要があります。
法事を菩提寺で行うときは、法事の案内状の内容と同じく、だれの何回忌の法事か、法事を希望する日時はいつなのか、予定参列者の人数はどれぐらいなのかをしっかりと告げましょう。また、お墓がそのお寺の墓地にあれば、お寺の一室を借りて会食を行うこともできるので、料理についてはお寺と相談したうえで、仕出し屋に手配をしておきます。
法事の案内状が送られてきた場合は、法事の一週間前には出欠のお答えをします。参列する場合は、宴席が設けられている場合がほとんどですので、それに見合う額をお供え、香料として包む必要があります。もし法事に参列できない場合は、法事の案内状の返信はがきを欠席として出し、法事の当日に間に合うよう、香典の半額程度の供物料を不祝儀袋に入れ、現金書留で送るか、その前に焼香に伺うようにしましょう。


不祝儀袋 仏袋 仏金封 仏多当  御霊前金封総銀十本 【本折タイプ】  15枚入り

不祝儀袋 仏袋 仏金封 仏多当  御霊前金封総銀十本 【本折タイプ】  15枚入り


●関連情報>>数珠